歯科クリニックブログ

ホーム > 歯科クリニックブログ

歯科クリニックブログ

熊本県歯科医師会でインプラントの講演を行いました。


講演.jpg国内で販売される主なメーカー10社の各メーカーのトップインストラクター、その製品のシステム及び優位性を競い合うと言う企画で、 私はデンツプライジャパンのインストラクターとして 「XiVE、Ankylosインプラントの特性を生かした臨床~特に審美領域へのアプローチについて~」というテーマでで80分の講演を行いました。 地元開催という事で、丸2日間接待漬けで、間に講演を行うハードスケジュールで疲れました。 しかし、丸2日の講演内容はとってもレベルが高く、私自身にとって大いなる刺激を受け、大変良い勉強になり、その知識を明日からの臨床に役に立てたいと思います。 以下、詳細はQuintessence Mail Magazine 『クイント』第393号の記事を引用させていただきます。 ■熊本県歯科医師会学術講演会 「安心安全なインプラント治療を求めて」をテーマに盛大に開催 さる1月11日(日)、12日(月)の両日、熊本県歯科医師会館にて、熊本県歯科医師会(堤 直文会長)学術講演会が、「安心安全なインプラント治療を求めて~現在のインプラント治療 そのシステムと臨床~」をテーマに約250名の参加者を集め、盛大に開催された。 本会においては、主要インプラントメーカー10社が招集され、各メーカーを代表してインプラント治療の最前線で活躍する10名の歯科医師が講演を行った。 1日目は、津山泰彦氏(三井記念病院歯科・歯科口腔外科部長)が「AQBインプラントの基礎と臨床~安心・安全な植立を目指して~」、 糸瀬正通氏(福岡県開業)が「POIシステムの特長と臨床」、 寺本昌司氏(大阪府開業)が「3iインプラントシステムの優位性とその臨床応用」、 林 揚春氏(東京都開業)が「スプラインインプラントシステム~抜歯後即時埋入の臨床~」、 高橋 哲氏(九歯大口腔顎顔面外科学講座教授)が「アストラテックインプラントシステムと臨床」と題し、それぞれ講演した。 2日目は、有吉 洋氏(熊本県開業)が「XiVE、Ankylosインプラントの特性を生かした臨床~特に審美領域へのアプローチについて~」、 田中秀樹氏(福岡県開業)が「ジーシーインプラントシステムの臨床」、 勝山英明氏(ITI Board of Directors)が「グローバルスタンダードのインプラント治療とは:30 years of leadership and credibility」、 辰巳順一氏(明海大歯学部口腔生物再生医工学講座准教授)が「Screw-Ventインプラントシステムの紹介と骨欠損患者への適応」、 中村社綱氏(熊本県開業)が「インプラント治療の新潮流とノーベルバイオケア社製インプラント」と題し、それぞれ講演した。 今回のように、歯科医師会が10社を超えるインプラントメーカーを一堂に集めて講演会を行うのは初めての試みであり、今後全国へ広がりを見せていくものと思われる。 有吉 洋

歯科クリニックブログ  バックナンバー一覧

月別アーカイブ

Copyright (C) 2015 ありよし歯科医院. All Rights Reserved.