知っておきたい歯の知識

ホーム > 知っておきたい歯の知識 > 今までの治療法のデメリットについて

知っておきたい歯の知識

今までの治療法のデメリットについて

今までの治療では、ほんの少しの虫歯であっても、上から銀色の詰め物をかぶせる為に、かなりの部分を削らなければなりませんでした。しかも、歯と詰め物との間には、100ミクロン程度の継ぎ目が出来ます。その部分を接着剤で埋める訳ですが、その接着剤も唾液によって7~10年で溶けてしまい、そこから細菌が入り込み(細菌の大きさは8ミクロン程度)、2次的な虫歯へと繋がってしまうのです。また、見た目にも、銀色の歯はあまり美しいとは言えません。
先進諸国の中では、未だに歯に金属を用いているのは、日本くらいのものです。

Copyright (C) 2015 ありよし歯科医院. All Rights Reserved.