知っておきたい歯の知識

ホーム > 知っておきたい歯の知識 > 歯牙移植とはどんなもの?

知っておきたい歯の知識

歯牙移植とはどんなもの?

Oさん(40代・女性)は左下第1大臼歯の虫歯を治療途中で放置した為、歯を抜かなければならなくなりました。
通常の保険の方法では、歯を失った場合ブリッジと言う方法で歯を入れなければなりませんが、Oさんは前・後の歯がきれいな歯であった為、削ってかぶせなくて良い方法をとりたいと希望されました。

治療例
写真
幸い左上第3大臼歯(おやしらず)がきれいに残っていた為、この歯を左下第1大臼歯を抜いた所へ移植する事にしました。

移植4ヶ月後、患者さんが白い歯を希望されたので、メタルボンドクラウン(白い陶器の歯)を被せることにしました。
移植後8年になりますが、何のトラブルもなく経過は順調です。
  • 磁性アタッチメントの仕組みの写真1
  • 治療前の写真1
  • 磁性アタッチメントの仕組みの写真1
  • 治療前の写真1
  • 磁性アタッチメントの仕組みの写真2
  • 治療前の写真1

Copyright (C) 2015 ありよし歯科医院. All Rights Reserved.