知っておきたい歯の知識

ホーム > 知っておきたい歯の知識 > 生きている歯にも起こる「歯牙破折」

知っておきたい歯の知識

生きている歯にも起こる「歯牙破折」

歯牙破折とは

まずは、画像を活用し、歯牙破折についてご紹介いたします。

知っておきたい歯の知識の写真1
 図1:-

まずは、正常な咀嚼は、下の歯が垂直に近い運動することで行われます。

知っておきたい歯の知識の写真2
 図2:-

しかし、加齢現象や歯ぎしりで、歯が磨耗し、歯に横のストレスが加わると

知っておきたい歯の知識の写真3
 図3:-

部分的に欠けたり、折れたりしていまい

知っておきたい歯の知識の写真4
 図4:-

歯が破折していまいます。

知っておきたい歯の知識の写真5
 図5:-

生きている歯にも起こる「歯牙破折」

歯牙の破折が起こりやすいのは神経をとった(失活歯)の割合が圧倒的に多いのですが、神経をとっていない(生活歯)にも稀に起こります。
歯は年齢とともにエナメル質に小さな亀裂(図1:クラック)が無数に発生し、歯牙の破折が起こります。
これが下記の写真(図1:クラック)のようにエナメル質と象牙質の浅い部分的な部位で起これば症状も水がしみる程度の症状で済みますし、そこの部分をプラスティック(レジン)または部分的な金属の詰め物で修復可能です。

知っておきたい歯の知識の写真1
 図1:クラック

ただ破折部位が深く神経(歯髄)に達するような破折(図2:ab)を起こすと強いズキズキした痛みが出るので、神経を(歯髄)を除去する必要が生じます。
また、前項の(失活歯の破折) で説明したように歯茎の深いところまで破折が達すると抜歯をしないといけないけケースも出てきます。(図2:ab)

知っておきたい歯の知識の写真2
 図2:a

知っておきたい歯の知識の写真2
 図2:b

この生きてる歯の破折では、亀裂が歯髄近くまで達しいるのに表面からは確認できないので、患者さんが噛むとしみる等の症状を訴えても、実際は破折が起ってからでないと診断が出来ません。
地震の前兆現象と同じで、疑っても実際起こらないとわからないのと同じなので非常に悩まされます。

Copyright (C) 2015 ありよし歯科医院. All Rights Reserved.