院長・スタッフ紹介

ホーム > 院長・スタッフ紹介

院長紹介

院長 有吉 洋の写真

院長 有吉 洋
私は歯科医療の目的は「健康を回復しメンテナンス可能な環境を作る」ことにあると思っています。

つまり、治療をするということより一番重要な事は「なぜ病気になったか?ということの原因を見極め、予防をする。」ことであり。
次に、「メンテナンス可能な治療(長持ちする、やり替えの少ない)=質の高い治療を提供する。」ことが歯科医の使命だと考えています。

そのため、マイクロスコープ(歯科治療用顕微鏡)、インプラント診断用CT等最新の医療設備、また、その設備を使いこなせるトレーニングを積んだ院長と質の高いスタッフ、建物自体は築27年と少し古いですが、(医療の質を保つには何も問題ありません。)
昨年、外装をリニューアルし、近年中には太陽光発電、LED照明など省エネ歯科医院に改装予定です。
略歴
1980年
福岡歯科大学卒業
1980年
同大学口腔外科入局
1981年
下関市やまとDC勤務
1985年
ありよし歯科医院開設
1994年
JACD(日本包括歯科診療研究会)会長 1994-1995
1994年
筒井塾インストラクター 1994-1996
1997年
熊本市歯科医師会学術担当理事 1997-2000
2002年
KOCセミナー講師
2004年
ライフコアインプラント インストラクター(米国)
2005年
日本顎咬合学会会員指導医
2006年
XiVEインプラント(ドイツ・Dentsply社)公認インストラクター
2007年
スタディーグループ AOG主宰
2008年
フランス・Trophy社CT 公認インストラクター
治療技術セミナー主催
  • インプラントセミナー 2001-2013
  • AOGセミナー 2001-2013
  • KOCセミナー 2001-2013
  • CTセミナー 2001-2013
  • その他の講演、研修等の実績多数
論文 雑誌投稿
「オールセラミックスの臨床応用」
デンタルフロンティア デンタルダイヤモンド出版 2002 No19 Spring
「歯科医療の付加価値を高める為に」
-デジタル化(情報化)社会への対応-その1
JOP 日本矯正臨床ジャーナル シエン社 2004 No11
「歯科医療の付加価値を高める為に」
-デジタル化(情報化)社会への対応-その2
JOP 日本矯正臨床ジャーナル シエン社 2004 No12
「咬合崩壊へLOT(Limited Orthodontic Treatment)を
応用した咬合再構成の一症例」
咬み合わせの科学 日本顎咬合学会誌 2005 VOL25 No3
「前歯単独植立インプラントの問題点を考える」
インプラントジャーナル ゼニス出版 2006 No27
「咬合再構成におけるインプラントの応用」
-審美性と機能の調和を求めて-
インプラントジャーナル ゼニス出版 2006 No28
「咬合再構成におけるインプラントの応用」
-審美性と機能の調和を求めて-その2
インプラントジャーナル ゼニス出版 2006 No29
「XiVEインプラントの特性を生かした前歯部インプラントの要点」
インプラント YEAR BOOK 2008 クインテッセンス出版
「前歯部複数歯インプラント補綴成功の為に」前篇
QDT クインテッセンス出版 2012 VOL37 No11
「前歯部複数歯インプラント補綴成功の為に」後篇
QDT クインテッセンス出版 2012 VOL38 No12

認定書・終了書・感謝状の写真

スタッフ紹介

スタッフ紹介の写真

野口有加(歯科助手)、堀川ゆい(歯科衛生士)、西田美穂(歯科衛生士)
ありよし歯科医院では、マイクロスコープを用いた、裸眼では不可能なレベルで行う歯科治療や、フランス製の歯科用CTを導入したインプラント治療で、「長持ちする」=「メンテナンスを可能にする」治療を行うことが強みです。
スタッフ全員がプロとしての自覚と責任をもってお手伝いさせていただきたいと思います。
地元熊本の皆様に私たちの熱意が伝わり、ありよし歯科医院をご利用していただければ幸いです。

Copyright (C) 2015 ありよし歯科医院. All Rights Reserved.