このウェブサイトのすべての機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定によりJavaScript機能を有効にする必要があります。
お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法 " をご確認いただき、JavaScriptを有効に設定してからご覧ください。

  • 【 診察・相談のご予約 】 電話受付 / 9:00~18:00 (土曜日は16:00までです。)
  • 096-383-0011 [休診日] 木・日・祝 ※完全予約制/臨時休診あり
  • メールでお問い合わせ

ありよし歯科ブログ

CLINIC BLOG

XiVEインプラントセミナー + 山口県・九州北部の集中豪雨ありよし歯科ブログです。

7月26日 日曜日 AM9:00~PM4:00

  デンツプライ福岡営業所にて、私がインストラクターを勤めるXiVEインプラント(ドイツ Dentsply社)ベーシックセミナーを行いました。 今回、定員10名に対して14名の受講予定者となり、機材等の不足が懸念されましたが、 前日からの大雨洪水警報下における開催で、交通機関に相当の乱れが出たため、3名欠席者と2名の遅刻者がでてしまい、機材の心配はなくなったのですが、開始時間を20分遅らし始めました。 また、お昼からの実習の間に会場の竹下駅付近に避難勧告がだされましたが、 福岡県外からの受講生がほとんどなため、時間を短縮し終了しました。 http://dentsply.jp/implant/seminar/seminar_detail.asp?id=80

終了時点では雨も小降りになり、車にて帰途に着いたのですが、 会場を出て、南バイパスに入ったで、100m進むのに5分を要する渋滞にはまってしまいました。 30分間で通常5分で着く都市高速のインターまでの半分しか進まないため、 友人に電話で調べてもらうと                    「福岡インターと太宰府インター間で土砂崩れが起こり、 太宰府インター付近で大渋滞となっており、都市高速も一部通行止めになっている。」 との事でした。   そこで、迂回路として、太宰府インターの一つ熊本寄りの 筑紫インターに回ることにし、大橋方面に向かいました。 途中、那珂川に架かる橋では上流でかなり雨が降ったらしく、 橋桁ぎりぎりまで増水していました。 また、その周辺でも避難勧告を知らせる広報車が走り回り、 橋桁には消防車が待機し通行止め寸前で渡る事が出来ました。 それから、迂回してきた車による渋滞の中、    約2時間をかかってなんとか筑紫インターにたどり着き,高速に載る事が出来ましたが、 自宅に帰り着くまで4時間を要しました。(通常1時間15分) 後日、この数日間が『山口県・九州北部の集中豪雨』と名付けられました。 犠牲になった方々のご冥福を心よりお祈りします。

                          有吉 洋

この記事を書いた人:有吉 洋

有吉 洋

全国の歯科医師に技術指導を行っている「インプラント」と「審美歯科」のスペシャリストが熊本の皆様に良質な歯科治療のご提供をお約束します。 ありよし歯科医院では、マイクロスコープを用いた、裸眼では不可能なレベルで行う歯科治療や、フランス製の歯科用CTを導入したインプラント治療で、「長持ちする」=「メンテナンスを可能にする」治療を行うことが強みです。 スタッフ全員がプロとしての自覚と責任をもってお手伝いさせていただきたいと思います。地元熊本の皆様に私たちの熱意が伝わり、ありよし歯科医院をご利用していただければ幸いです。

有吉 洋のプロフィール紹介はこちら

toggle navigation